月別: 2020年6月

手軽に出来るエコの輪クラウドファンディング

ネットや電子デバイスの発達によって、手軽に投資を行うことが出来るようになりました。
せっかく投資を行うのであれば、利回りが良くてリスクはなるべく抑えたいと思っている方は多いことでしょう。
投資として太陽光発電事業への投資ファンドがあるのをご存知ですか?その名も「エコの輪クラウドファンディング」と言います。
では、そんなエコの輪クラウドファンディングについて探ってみることにしましょう。

◆エコの輪クラウドファンディングとは?

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪で行っているエコの輪クラウドファンディングとはどういうファンドなのかみてみましょう。
従来の太陽光発電事業への投資は、太陽光発電設備と設備を設置するための土地など多額の資金が必要となります。
そのため、太陽光発電事業は投資先として安定性が高いもののかなり敷居の高い投資先となっていました。
こうした実態を打破するために設けられたのがエコの輪クラウドファンディングだそうです。
投資タイプのクラウドファンディングシステムを構築することで、少ない投資金額で太陽光発電事業への投資を行うことが出来る設計となっているようです。
スマートフォンやiPhoneなどから登録出資を行うことが可能ですので、時間や場所に縛られることなく、いつでもどこでもエコの輪クラウドファンディングをスタートすることが可能だそうです。

◆エコの輪クラウドファンディングのシステム

エコの輪クラウドファンディングのシステムについてもう少し詳しくみてみることにしましょう。
不動産等のクラウドファンディングのシステムには「優先出資」と「劣後出資」という2つの出資があります。
優先出資というのは、劣後出資に比べて優先的に利益を受け取ることが出来る上に、優先的に損失を避けることも可能なのだそうです。
劣後出資というのは、まず優先出資者が利益を受け取った後、利益の残額があれば受け取ることが出来、損失があれば損失を負担するというシステムです。
エコの輪クラウドファンディングでは、出資者に有利な優先出資システムが採用されているそうですので、利益を受け取りやすいファンドと言えるでしょう。
また、電気の買取価格には固定価格買取制度が適用されており、電力会社に20年間固定価格での買取りが保証されているのも大変有利な点と言えます。

◆まとめ

エコの輪クラウドファンディングについてご紹介してきました。運用期間1年、税引き前目標利回り5%、出資金も1万円から始めることができるそうですので、大変お手軽な投資と言えるではないでしょうか?

▽管理人推奨サイト太陽光投資ファンド「エコの輪クラウドファンディング」4・9号ファンドの分配実績を公開|エコスタイルのプレスリリース

リスクの少ないエコの輪クラウドファンディング

確実な利回りが期待出来てリスクが少ない投資があれば、是非、投資したいと思う方は多いのではないでしょうか?
リスクが少ない上に利回りも期待出来る投資として電力事業への投資は人気のある投資先のようです。
リスクが少なく確実な利回りが期待されていると言われているエコの輪クラウドファンディングについて探ってみることにしましょう。

◆エコの輪クラウドファンディングの利回り

まずは、エコの輪クラウドファンディングの利回りについて確認してみましょう。
エコの輪クラウドファンディングのHPに現在運用中のファンドと運用終了のもの、募集中のものがそれぞれ掲載されています。
運用期間が1年間のファンドは出資金が1口1万円、税引き前目標運用利回りは5%とされています。
運用期間については10年、20年と長期になるものもあります。これらのファンドは出資金1口の金額10万円以上、税引き前目標運用利回りも5%以上の設定となっています。
けれども、これらのエコの輪クラウドファンディングは、出資を募集したのが数年以上前のものばかりですので、現在募集されているものはないようです。
運用実績を見てみますと、直近のもので運用期間1年、税引き前利率5%となっていますので投資先としては安定したものと言えそうです。
現在の定期預金の金利が高いところで0.2%前後ですので、エコの輪クラウドファンディングの税引き前目標利回り5%は魅力的な利率と言えるのではないでしょうか?

◆エコの輪クラウドファンディングのメリット

それでは次に、エコの輪クラウドファンディングのメリットについて考えてみましょう。
何と言っても1口1万円から投資を始めることが出来るのはメリットと言えるでしょう。自分で土地を購入して太陽光発電の設備を購入するとなると数千万円の資金が必要になります。
けれどもエコの輪クラウドファンディングの場合は、出資者を幅広く募集しますので投資金額が少なくてすみます。
太陽光発電設備や設置場所の選定を自身で行う必要がありませんので、そのためにかかる時間や労力はありません。
設備の保守管理運営についてはファンドの運営者が行うことになりますので、出資者が行なうのは資金の出資だけでOKということになります。
少額の出資が可能ですので、出資先を分けることでリスクを最小限に抑えることが期待出来るでしょう。出資する太陽光発電所が1ヶ所の場合、その場所が天災や災害に万が一見舞われてしまっても、大変高いリスクを背負うことになるかもしれません。

◆まとめ

エコの輪クラウドファンディングのリスク面について確認してきました。資産を分散して運用出来る点はリスクを回避する上でかなりおすすめな方法と言えそうです。

あんしん太陽光発電エコの輪のサポートサービス

太陽光発電を設置したいけれども、メンテナンスなどについて不安のある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
せっかく太陽光発電を設置するのであれば、長く使うことが出来るようにサポートサービスがシッカリしたところを選びたいものです。
ではここで、あんしん太陽光発電エコの輪のサポートサービスについて調べてみることにしましょう。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の補償サービス

まず、あんしん太陽光発電エコの輪ではどのような補償サービスが行われているのか確認しておきましょう。
あんしん太陽光発電エコの輪で設置施工された太陽光発電システムの欠陥が原因で、建物等へ火事が広がってしまった場合や壊してしまった場合等、第三者あるいは第三者の保有している物に損害を与えてしまった場合、その損害が補償されるそうです。
ただし、この補償はあくまでも第三者と第三者が保有している物に対してだけ補償するものだそうですので、太陽光発電設備そのものの不具合などは補償されないとの事です。
また、施工工事を行ったのがあんしん太陽光発電エコの輪以外の業者の場合は補償対象とならないそうです。

◆無料定期点検サービス

さらに、あんしん太陽光発電エコの輪では、太陽光発電設備設置後、1年・5年・9年・13年・17年・20年(10kW未満は1年・5年・9年・13年)で「20年無料定期点検」が行われているそうです。
太陽光発電設備は設置場所が屋外ですので絶えず天候の影響を受け続けていると言えるでしょう。
こうした状況の下、太陽光パネルに汚れがついてしまったり、台風などの影響で太陽光パネルに何かがぶつかってしまって割れてしまったりすることもあるでしょう。
けれどもこうした不具合があっても定期点検がおこなわれることで被害を最小限に止めることも期待できます。
更に、投資のために太陽光発電を購入されている場合は、お住まいとは離れた場所にあるケースが多いため、あんしん太陽光発電エコの輪が実施する定期点検は大いに役立つことでしょう。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪のサポートサービスについて見てきました。20年の無料定期点検サービスが実施されているのは、安心度がかなり高い上に利用価値がとても高いと言えるのではないでしょうか?

あんしん太陽光発電エコの輪のお得な無料定期点検サービス

太陽光発電設備は長く使うものですので、メンテナンスが充実した業者を選びたいものです。屋外に設置するものですので、強風や強雨などの影響を受けやすいため定期的なメンテナンスはとても重要なポイントになってくるでしょう。
あんしん太陽光発電エコの輪では、独自の無料定期点検サービスを実施しているそうですので、その内容について探ってみることにしましょう。

◆あんしん太陽光発電エコの輪の定期点検サービスの特徴

まずは、あんしん太陽光発電エコの輪で行われている定期点検サービスの特徴について確認しておきましょう。
あんしん太陽光発電エコの輪では、太陽光発電設備を設置してから1年・5年・9年・13年・17年・20年(10kW未満は1年・5年・9年・13年)の無料定期点検サービスを実施しているそうです。
太陽光発電設備の設置は屋根の上であったり、住まいから離れた場所に投資用として購入していたりすることもあるため、状態をチェックすることが難しい場合が多いようです。
ネジの緩みやフレームの曲がりなどと言った状態をチェックすることは遠隔監視カメラシステムを利用したり発電量のチェックを行ったりしていても気が付かないことだそうですので、実際に現地に出向いてチェックする必要があるそうです。
こうして現地での定期点検サービスが実施されることで、状況が悪化する前に食い止めることが期待出来るでしょう。

◆エコの輪の無料定期点検サービスの内容

それでは、あんしん太陽光発電エコの輪で行われている無料点検サービスではどのようなチェックが行われているのか、見てみることにしましょう。
次の様な点がチェックされているそうです。

①太陽光発電パネルのガラスの汚れと壊れ
②フレームの壊れと変形
③太陽電池に大きな変形や傾きがなくシッカリと固定されているか
④外部配線に破れ等がないか
⑤太陽電池モジュールに飛来物などが落下・付着していないか
⑥架台に錆や傷などが発生していないか
⑦端子台のネジがゆるんでいないか
⑧設置の状態に問題がなくネジのゆるみがないか
⑨配線・アース線が正常か
⑩ひどい錆や汚れがないか
⑪蓋がネジなどで開かないようにキチンと閉じられているか

かなり細かな点が確認されているようです。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪が行っている20年の無料定期点検サービスについて見てきました。メーカー保証の保証期間が10年だそうですので、その倍の期間無料定期点検サービスが実施されるのは、安心度がかなり高いサービスと言えるでしょう。

あんしん太陽光発電エコの輪のアフターケアサービス

太陽光発電設備は企業向け自家消費型、投資型、住宅用と言った用途目的の違いはあっても基本的に10年、20年と長期で使用するものです。
そのため、購入した後のケアについて事前にシッカリと確認しておくことが大切でしょう。
あんしん太陽光発電エコの輪ではどのようなサービスやケアが提供されているのか調べてみましょう。

◆メーカー保証とアフターケアサービス

まずは、メーカー保証を含めたあんしん太陽光発電エコの輪のアフターケアサービスについて確認しておきしょう。
①モジュール出力保証、②モジュール製品保証、③高圧・特圧を除くパワコン保証、④出力制御補償、⑤エコの輪サポート、⑥無料定期点検、⑦10年災害補償(動産総合保険)と言ったケアやサービスが行われています。
モジュール出力保証、モジュール製品保証、高圧・特圧を除くパワコン保証については、いずれもメーカー保証として、比較的長期の保証がついているようです。
モジュール出力保証については、あんしん太陽光エコの輪で取り扱っているメーカーであれば、25年の無償保証がついています。
モジュール製品保証は、メーカーによって違いはありますが、10年あるいは12年の無償保証がついています。
パワコン保証は、どのメーカーも基本的に10年の無償保証がついていて、有料で保証期間の延長が可能なメーカーもあるそうです。
出力制御補償の対象となるためには、XSOL社の太陽光発電であることが大前提となっているそうです。その上でいくつか指定の条件をクリアした場合のみ適用されるそうです。
エコの輪サポート、無料定期点検、10年災害補償(動産総合保険)は、あんしん太陽光発電エコの輪独自のものになります。

◆あんしん太陽光発電エコの輪独自のアフターケアサービスの特徴

次に、独自のアフターケアサービスの特徴についてみてみましょう。
10年災害補償(動産総合保険)、エコの輪サポート、無料定期点検などのアフターケアサービスについても、あんしん太陽光発電エコの輪が保証・補償することになっているようです。
そのため、これらの補償や保証を受けるために、通常の保険のように加入料や保険料は発生しないようです。
ただし、それぞれに適用条件は設定されていますので、適用条件に合致していることは必須になります。
例えば、サポートの対象となるのは、あくまでも太陽光発電設備の施工設置を全て同社が行っていることが必須条件となっています。
あんしん太陽光発電エコの輪が増設だけを行ったり、例え初期の設置を同社が行っていても他の業者によって増設されたりした場合は補償対象とならないようです。
基本的にこれらのアフターケアサービスは他の業者が介入していないことが、対象となるための条件のようです。

◆まとめ

あんしん太陽光発電エコの輪のアフターケアサービスについて確認してきました。メーカー、独自どちらの場合も保証・補償期間が長めである点は共通の特徴と言えるでしょう。