リスクの少ないエコの輪クラウドファンディング

6月 17, 2020 未分類

確実な利回りが期待出来てリスクが少ない投資があれば、是非、投資したいと思う方は多いのではないでしょうか?
リスクが少ない上に利回りも期待出来る投資として電力事業への投資は人気のある投資先のようです。
リスクが少なく確実な利回りが期待されていると言われているエコの輪クラウドファンディングについて探ってみることにしましょう。

◆エコの輪クラウドファンディングの利回り

まずは、エコの輪クラウドファンディングの利回りについて確認してみましょう。
エコの輪クラウドファンディングのHPに現在運用中のファンドと運用終了のもの、募集中のものがそれぞれ掲載されています。
運用期間が1年間のファンドは出資金が1口1万円、税引き前目標運用利回りは5%とされています。
運用期間については10年、20年と長期になるものもあります。これらのファンドは出資金1口の金額10万円以上、税引き前目標運用利回りも5%以上の設定となっています。
けれども、これらのエコの輪クラウドファンディングは、出資を募集したのが数年以上前のものばかりですので、現在募集されているものはないようです。
運用実績を見てみますと、直近のもので運用期間1年、税引き前利率5%となっていますので投資先としては安定したものと言えそうです。
現在の定期預金の金利が高いところで0.2%前後ですので、エコの輪クラウドファンディングの税引き前目標利回り5%は魅力的な利率と言えるのではないでしょうか?

◆エコの輪クラウドファンディングのメリット

それでは次に、エコの輪クラウドファンディングのメリットについて考えてみましょう。
何と言っても1口1万円から投資を始めることが出来るのはメリットと言えるでしょう。自分で土地を購入して太陽光発電の設備を購入するとなると数千万円の資金が必要になります。
けれどもエコの輪クラウドファンディングの場合は、出資者を幅広く募集しますので投資金額が少なくてすみます。
太陽光発電設備や設置場所の選定を自身で行う必要がありませんので、そのためにかかる時間や労力はありません。
設備の保守管理運営についてはファンドの運営者が行うことになりますので、出資者が行なうのは資金の出資だけでOKということになります。
少額の出資が可能ですので、出資先を分けることでリスクを最小限に抑えることが期待出来るでしょう。出資する太陽光発電所が1ヶ所の場合、その場所が天災や災害に万が一見舞われてしまっても、大変高いリスクを背負うことになるかもしれません。

◆まとめ

エコの輪クラウドファンディングのリスク面について確認してきました。資産を分散して運用出来る点はリスクを回避する上でかなりおすすめな方法と言えそうです。

投稿者: admin